スマッシュ×スマッシュ!

『走れ!T校バスケット部』の作者が今度はテニスでやってくれました。

汗と涙と感動が詰まった作品。
それが『スマッシュ×スマッシュ!』(松崎洋著 徳間書店)です。

続きを読む

走れ!T校バスケットケット部3

まさか「3」が出ると思っていなかっただけに本屋で見つけた時は、うれしかったです。

それが『走れ!T校バスケット部3』(松崎洋著 彩雲出版)です。

続きを読む

ゲッサン

最近、『ゲッサン』のCMをよく見るなぁと思っていました。

5月に創刊し、週刊少年サンデーの姉妹誌で、20代後半〜30代をターゲットにしている月刊マンガ誌だそうです。

続きを読む

なかよし小鳩組

『オロロ畑でつかまえて』の続編ということで読んだ小説が『なかよし小鳩組』(荻原浩著 集英社文庫)です。

倒産寸前の広告代理店に大仕事が舞い込みます。

ところが依頼主はヤクザの小鳩組のイメージアップ戦略とういうお話です。

続きを読む

逆風

『走れ!T校バスケット部』が面白かったので、同じ作者が書いたゴルフ小説『逆風』(松崎洋著 彩雲出版)をついつい購入してしまいました。

上下巻あって、けっこうな分量なのですが、文章が読みやすいので、一気に読める小説です。

続きを読む

造花の蜜

最後まで、だまされ続けられました。

どんでん返しの連続。

それが『造花の蜜』(連城三紀彦著 角川春樹事務所)です。

続きを読む

JP ・呉両谷郵便局のCM

このCMを今日、初めて見ました。

こんな郵便局なら、行ってみたくなります。

それが、日本郵政グループの呉両谷郵便局のCMです。

続きを読む

オロロ畑でつかまえて

あふれんばかりのユーモアセンスが感じられるのが、『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩著 集英社文庫)です。

語り口が独特で、絶妙です。

続きを読む

扉は閉ざされたまま

息詰まる頭脳戦とは、こういうことを言うのでしょう。

それが『扉は閉ざされたまま』(石持浅海著 祥伝社文庫)です。

いきなり殺人シーンから始まり、そのトリックがわかってしまってからスタートします。

続きを読む

東京バッティングセンター

悪夢シリーズの作者の最新作ということで、ついつい購入してしまったのが『東京バッティングセンター』(木下半太著 幻冬舎)です。

無欲で律義な吸血鬼と冷徹な美女の復讐屋コンビが、悩める人間たちの依頼に命がけで応えるというコメディ・サスペンスです。

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。